人気ブログランキング |

Hola! Como esta? from Shitamati

noririnn.exblog.jp

<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ねこだニャー

e0049015_0322419.jpg


かわいすぎます。

この写メは、先日いただいたチョコレートの箱の絵柄なのです。
中のチョコは、骨のような形をしているんですよ。猫の口にくわえている(ゴールド色の物体)のは、きっとそのチョコをあらわしているはず。
うむむ、にくいニャー。

私の携帯の待ち受けは、今、笑海兄さんからいただいた「笑顔ネコ」の写真。
なにげに、猫づいています。
ネコ鍋がはやっているみたいですし、ネコファンは、多いんですね!
by kishinoriko | 2007-10-31 00:32

ありがとうございました!

10/28の初舞台、終わりました。

舞台に上がると、緊張度が急にUP☆手が、、、震えてしまいましたが、「稽古通りに」と思いつつやりました。
来てくださったお客様が、熱心に聴いてくださったことに助けられました~。

上演時間30分は、あっという間。
楽屋に入ったら、もう一回やりたい!!!と思ってしまいました。反省点がはっきりとわかるので、次こそは☆と思ってしまう。時遅し・・・。

舞台に立つ機会を与えてもらったこと、舞台を支えてくださった方、そしてメッセージを下さった方、来てくださった方、本当にありがとうございました。感謝してもしつくせません。


昨日は、頭がボーっとしていて。マッサージに行っても効果なく、近所にある温泉につかり、マッサージチェアに座って体をいたわりました。緊張で体が固まっていたようです。
終わって、「ほっ」としています。
by kishinoriko | 2007-10-30 09:14

まさかの失態

e0049015_8484828.jpg

柳家小三治師匠の独演会に行ってきました。

初めて聴く小三治師匠の世界は、しゃべらない面白さ(間)に笑いました。
しゃべらないのに可笑しいって、すごいことです!

一席目の猫の災難では、日本酒のあまりに美味しそうな飲み方に、私、失態をしてしまいました。

よだれを垂らしました。


しかし、高座と客席にみえないバリアがないって、すごいなー。桃太郎師匠もそうですが、やはりすばらしい。

あ、独演会に出られた柳家ろべえさん。喜多八師匠に、声やしゃべり方が似てる~。師弟関係のなせるワザかな。

徒然なるまま、になりました・・。
by kishinoriko | 2007-10-13 08:48

東京ボーイズ

びっくりしました。

寄席で笑わせてもらった、東京ボーイズのリーダー・旭五郎(あさひ・ごろう)さんが亡くなられました。突然の訃報に驚きました。

アコーディオンと三味線、ウクレレを演奏しながら歌う漫談グループです。ボケ、ツッコミ、無言のキャラクターが面白く、私が好きな色物の方々でした。

楽しい時間を、どうもありがとうございました。



改めて思います。
芸は、見られるうちにしっかり見ておかなければ。
柳家小さん師匠が亡くなられたときにも、同じことを思いました。


新宿・末廣亭の今月中席(11日・木~20日・土)昼の部は、主任が桃太郎師匠です。
桃之助さん、笑海さん、健太郎さん、慎太郎さんも出られます。その他、以前ブログでご紹介した笑三師匠などなど。おすすめの寄席です。



遅ればせながら、リンクの仕方を昨日マスターしました!
by kishinoriko | 2007-10-09 22:58 | *落語*

きゃあほ

ナショナルのヘアドライヤー・ナノケア EH5を買いました!

家電製品にはあんまり興味のない私ですが、なぜか惹かれたんですよね。髪を切ったからかな。

これまで、マイナスイオンドライヤーを使っていました。
壊れて知ったんですが、指定のボタンを「ON」にしないとマイナスイオンが発生しないのだとか。
「OFF」のまま、【効果があまりわからないけど、きっと効果があるのだわ☆】と信じて使っていたんです・・・。
壊れて始めて、そのボタンに気づきました。

今回は、初めから「ON」です!!
だからでしょう、このドライヤーで乾かすと、≪さらっさら≫な感じでございます(^^)/
by kishinoriko | 2007-10-08 19:23

マイ箸・初心者

e0049015_0295637.jpg


銀座・夏野で購入したマイ箸を、今日初めて使いました。

友達が見立ててくれた、ガラスのお箸と和な箸入れです。お気に入り。
by kishinoriko | 2007-10-07 00:29

プラハ国立美術館展@ミレーの美術館

e0049015_1653147.jpg


時間がなかったので急ぎ足でまわったけど、素朴な田園風景を描いた作品には癒されました。欧・フランドル(現在のベルギー北部)の庶民の生活にスポットをあてた作品が一番印象に残ったなぁ。

人や景色が繊細に描かれていて、主食のオートミールやパンの匂い、にぎやかな井戸端会議の声が聞こえてきそうでした。


プラハ国立美術館展@ミレーの美術館
by kishinoriko | 2007-10-06 16:53

10/28の舞台

チケットが完売になりました。ありがとうございました!!
by kishinoriko | 2007-10-01 12:09

初の、エヴァンゲリヲン

今年は、週に最低1本は映画を見ています。先週観た一つが、これ。

テレビアニメの再劇場化、劇場作品から10年ぶりの新作です『エヴァンゲリヲン新劇場版・序』。前編・中編・後編・完結編の全4部からなり、今回は前編の「序」です。

これまで、エヴァンゲリヲンを一度も見たことない方(私は初めてでした)でも、楽しめるようわかりやすく表現されいます。今回はエヴァンゲリオンの世界を楽しむ、いいチャンスだと思いますよ。

<あらすじ>
突如世界を襲った未曾有の大災害“セカンド・インパクト”。この影響で人類の半数近くは死にいたり、世界の各地には大破壊の痕跡が刻みこまれた。やっと平穏な日々が戻ったと思われたとき――14 歳の少年・碇(いかり)シンジは、父親から第3新東京市へ呼び出されて、出迎えを待っていた。
その時突如、目の前の山あいから、巨大な生物が出現! それは「使徒」と呼ばれる正体不明の存在で、たちまち国連軍と激しい交戦を開始した。爆風に巻きこまれ、危機に陥るシンジ。その生命を救ったのは、葛城(かつらぎ)ミサトと名乗る女性だった。
ミサトの車で特務機関NERV(ネルフ)の本部へと連れていかれ、シンジは父と3年ぶりの再会をはたした。だが、シンジは父の碇ゲンドウから極秘裏に開発された巨大な人型兵器を見せられ、使徒との戦いを強要された。それがシンジと人造人間エヴァンゲリオン初号(しょごう)機との出逢いであった。
反発を覚えたシンジではあったが、女性パイロット綾波レイの重傷を目のあたりにして、逃げることを否定し、ついに自ら出撃を決意する。何の訓練も受けないままに、初めて使徒と対峙するEVA 初号機のシンジ。一方、すべての謎の鍵を握る碇(いかり)ゲンドウは、シンジの苦闘をじっと見つめている……。
世界の命運を託された14 歳の少年シンジは、はたしてどう戦うのか? そして、セカンド・インパクトに隠されたキーワード
「人類補完計画」の真実とは?様々な謎が、隠されています。

***

これまでテレビなどでしっかり見ている方でも、今作は新鮮に映るはず。前作では明かされなかった新たな真実が描かれ、全く新しい結末が予定されているらしいです。

時間軸はTVシリーズと同じだが、前編から後編までは旧作のフィルム映像は一切使用せず、現存する原画から新たに撮り直し、それに新しい画像を大幅に付け加えた作品になる。エヴァンゲリヲンのカラーリングやデザイン、NERV(ネルフ)等がリニューアルされているため、見所は多いはずです。また結編は全く新しい物となり、終わりは企画段階の構想に近いそう。

この作品では、シンジの幾つもの感情が描かれています。

○隔たりのある父と、向かい合いたいと思う、心の葛藤、
○人と交わることが不得手なシンジに、体でぶつかってくる同級生の存在、
○一緒に戦っている仲間の、怪我をしても逃げない気持ちの強さ、
○これまで嫌なことから逃げてきた、自分との対峙。

現状を改善したいと思う心の動きが、手に取るようにわかり、一歩前に歩み出す源になっていました。
使徒(しと)とエヴァ初号機との戦いのシーンでは、何度も「もう駄目」というピンチを迎えますが、そこで力となるのが、こういったシンジの心情であるように思います。
4作品の1つ目だけを観ても、謎めいていて、いくつもの疑問が浮かび上がります。だからこそ、次が観たくなります。「ラストのつづく」と言う文字が、余計にその気持ちを助長してくれました。
映画は、エンドロールの後に、次回の予告が流れます。終わったからといって席を立たないようにお気をつけください。

***

監督の庵野 秀明(あんの ひであき)さんは、映画化するに当たって、こういったことを伝えています。
蔓延する閉塞感を打破したい。中高生の漫画離れが加速している中で、彼らにむけた作品を作りたい。作品では、わずかでも前に進みたいと言う意思、他者に触れることが怖くても一緒にいたいと思う覚悟、などを表現しているそう。
この作品にこめられているものから、私たちが生きていく上で大切なことを感じ取ってほしいと言う願いがこめられているように思えました。
by kishinoriko | 2007-10-01 12:07