人気ブログランキング |

Hola! Como esta? from Shitamati

noririnn.exblog.jp

カテゴリ:*落語*( 60 )

これが、鈴本の太鼓です。

e0049015_23252155.jpg


さっき、実は文章をアップしたのですが、時間がかかるなぁ、、、と思ってたら!!!消えました。なんてこと。再度いちからです。


上の写真は、上野にある鈴本演芸場。外にある太鼓を、前座さんがたたいている瞬間です。
古今亭菊志ん師匠の真打披露興行に行ってきました。

大先輩師匠の方々と菊志ん師匠が一列に並び、口上を述べられている時、手にボタリとたれるものが!こんな年になって、しかもこんな所で「鼻血」か、とビックリしましたが、涙でした。知らないうちに涙がボタボタこぼれていました。感動したら泣いてしまう、年を取った証拠でしょうか。

真打昇進、おめでとうございます。

先週は、桃太郎師匠・さん喬師匠・橘家圓蔵師匠(2回)・三遊亭金馬師匠・桂平治師匠など、いろんな方の噺を聞かせていただきました。
来週は桃太郎師匠のトークショー@お江戸日本橋亭です。
by kishinoriko | 2007-03-31 23:25 | *落語*

いよいよ明日

落語界では、真打昇進の日です。

待ちに待った、古今亭菊朗さんが真打に昇進されます。
横浜の会に足を運んでからファンになりました。女性の表現が、上手い。女性より女性っぽい!今日友達に言われたけど、「私が男っぽい」からではないはずです。

週末日曜日に行った“トリトン寄席”、「あー、これだわ」と思うことがありました。
その日菊朗さんが高座にかけられたのが「茶金」(はてなの茶碗)。実は菊朗さんがかける同じ噺を、世田谷233でも聞いていたのです。でも、会場が変わると話の雰囲気も変わるんですねー。

トリトン寄席:キャパ80席(くらい?たぶん・・・。)
世田谷233:キャパ30席(こちらもたぶん・・・。私広さを感じとる能力がないのです。)

233は前に座っていた人が邪魔で見えにくかったからか、トリトンの方が楽しめたの。トリトンは前から2列目で見やすかったからか、入り込んじゃいました(^^)~♪
会場によって同じ噺でも違いが出る、以前聞いた言葉が実感できました。
100人以上入る大きい会場ならなおさら、小さい会場との違いが味わえます。

でも、大きい会場(定席)は、そこならではの味もあります。末廣亭なんて、夏にフル回転している歴史ある扇風機や2階へ上げる階段の赤絨毯なんか見てると、昔の日本の風を感じられますよ。ここはここで良さがあります。

菊朗さん、明日から古今亭菊志ん師匠になられます☆
真打披露興行、近い所では、上野鈴本演芸場にて3月22日(木)と3月30日(金)の夜に菊志ん師匠が見られます!おすすめです♪♪ちなみに私は30日に行きます。
by kishinoriko | 2007-03-20 21:51 | *落語*

落語で嬉しい話

来週月曜日で、FMサルースの番組出演がラストになります。

今月初め、レギュラー出演してくださった落語家・講釈師の方々が、お疲れ様会を開いてくださいました。会場は、銀座にあるもつ鍋の美味しいお店「もつ義」。あっさりスープに柚子胡椒・ポン酢で食べるお鍋で、こってりしすぎずとっても美味しい。おしゃれな雰囲気なお店でした。
時間を作って会を催してくださったこと、本当に感謝してもしつくせません。
その後のカラオケでは、感無量で泣きそうになりました。

またご一緒にお仕事ができたらな。ご一緒できるように、私が精進するのみ。
笑海さん、喬之進さん、馬治さん、神田あやめさん、本当にありがとうございました!
このメンバーで落語会が開催できたらいいなぁ(^^)


今日は、ラジオ番組で柳家喜多八師匠の会を主催されている方にインタビューしました。
そしたら、なんと来週水曜日3月28日に百合ヶ丘(川崎市麻生区)で開催される「百合ヶ丘寄席」で、番組内のインタビューの模様を、流してくださるとのこと。落語についての話だと、ついつい熱くなってしまう私。あんな話でいいのでしょうか??でも嬉しいです。ありがとうございます。

4月2日(月)お江戸日本橋亭(三越前駅近く)で、桃太郎師匠のトークショーが開催されます。チケット予約しちゃいました♪面白い会になること間違いなしです。
by kishinoriko | 2007-03-19 23:19 | *落語*

お手洗い

e0049015_1231571.jpg


さすがは上野・鈴本演芸場のお手洗い。女性マークも粋です☆

中席昼の部のとりを務められた、柳家喜多八師匠をお目当てで行ってきました。
実は来週月曜日、喜多八師匠がいつもご出演されている「百合ヶ丘寄席」を主催されている方に、インタビューすることになりました。その前に一度じっくり噺を聞かせていただこうと、こういう訳だったのです。

声が渋い!!2枚目な声なのに「うぎゃー」「あ゛~~~」と奇声を発せられると、これまたギャップがいい!!!いつの間にか引き込まれてました。(「棒鱈」)

鈴本は、ほんとに終わった後の太鼓(デテケデテケ・・・という追い出す太鼓)を、入り口にある高い屋根の上(?)で前座さんがたたくんですねー。
以前そんなお話を聞いたことがあったのですが、半信半疑でした。今日やっと真実だと確信。アレ見るだけでも面白いですよー。見るだけなら入場料はいりません、外なので。

柳家一琴師匠の「真田小僧」、柳家三三(さんざ)師匠の「長屋の花見」、桂藤兵衛師匠の「たらちね」も、おもしろかったー♪寄席は、知らない噺を聞けたり、初めて拝見する方に出会ったり、いろんな発見があるからおもしろい。「棒鱈」の“赤ベロベロの醤油漬け”“いぼいぼ坊主のすっぱづけ”は、初めて聞きました。



赤ベロベロ:マグロ
いぼいぼ坊主:たこ
by kishinoriko | 2007-03-15 12:31 | *落語*

オルセーと二人会

オルセー美術館展に行ってまいりました。なんと、入場10分待ちです。と言うことは会場内も人だかり・・・。作品見るにも、一苦労でしたよ。でもいい作品がたくさんありました。上野にある東京都美術館で4月までやってるみたいです。

絵は、人がいない美術館でのんびり見るのがいいですね。
今一番行きたい美術館は、ミレーの美術館。


その後、昔昔亭慎太郎・昔昔亭桃之助二人会(@お江戸日本橋亭)に行ってきました。
喜太郎さんが二つ目に昇進され「桃之助」さんとしてお目にかかるのは初めてでした。そして慎太郎さんの高座も初めて。

慎太郎さんのくすぐり、喜太郎さんじゃなくって桃之助さんのまくら、楽しかったです。
by kishinoriko | 2007-03-03 01:00 | *落語*

再度、下北沢「劇」へ

下北沢「劇」、またまた行ってまいりました☆

キョンキョンこと柳家喬太郎師匠の落語が楽しめる会です。会場は満員!!平日の昼間、会社抜け出してきました、とか、実は営業周りという口実で抜け出してきました、的なサラリーマンの方もいらっしゃいました。

人気のある方が狭いところで会をやる、って贅沢感がありますね。会場も一体感があるし、近くで見られるから。
今回もよいお席でした♪イス席の、前から一列目。チケット販売初日の受付スタート同時に電話した賜物でしょう。

今週「劇」には、これからまだ数度訪れそう。喬太郎さんは面白い!知り合いの鎌倉マダムにも人気でした。うしし

e0049015_201968.jpg


この写真は、2年前横浜で開催された喬太郎師匠独演会のもの。
by kishinoriko | 2007-02-20 21:06 | *落語*

オエド

e0049015_016693.jpg


大賑わいのお江戸日本橋亭に、先週行って来ました。
平日のお昼、ご年配の紳士淑女の皆様方が落語を楽しみに来られておりました。ギリギリに会場に着いた為、私はサイドのベンチ席しか空いておらず・・・。

真田小僧に崇徳院、私が好きな噺で楽しかったです★立川フラ談次さんが高座にかけられた真田小僧の中には、講談の一説が出てきました。同じ噺のようで、演じる人によって噺の持って行き方が変わったりするのも落語の面白いところ。

立川フラ談次さんは、来週2/26(月)14:10頃~FMサルース「TOPICS」内、サルース聞いてっ亭にご出演いただく予定です。どんな話が聞けるのか、私も楽しみ。


そして日本橋界隈には全国各地のアンテナショップも点在しています。帰りは、島根と山梨に道草。イベントや観光スポットのパンフレットを見ていると、旅の予定を立てている気分に浸れるから不思議♪島根のアンテナショップでは、紫蘇茶を購入しましたよ。紫蘇の香りでゆったりリラックス☆~
by kishinoriko | 2007-02-18 00:26 | *落語*

神田山陽さんから葉書が届く!

e0049015_22155275.jpg


今年、神田山陽さんから5回お葉書が届くことになりました!

ふふふ♪春風亭昇太さんがプロデュースしている「下北沢演芸祭」に行ってきました。バレンタインデーの当日、小劇場で開催された神田山陽さんの舞台。講釈師の方ですが、今回は高座はなし。
100人も入らないのかな?そんな狭ーい会場で、"初恋"をテーマに、お客様も舞台に上がって自分の初恋話をする参加型の舞台です。その他、山陽さんによる有名絵画の解釈談など、講釈とは違う顔を見られました。

お葉書はなぜ届くのか?今年、いろんな所を移動する時々にお葉書を送ってくださるのだそう。
5枚とはこれいかに、、、

官製葉書一枚¥200で販売されたからであります。私は5枚買いました。買った人だけに山陽さんから葉書が届きます。
出入り口でこの葉書を販売されたのが、昇太さん。握手をお願いするファンの方がたっくさん。

5年ほど前に横浜にぎわい座で見た神田山陽さんとは、雰囲気が違いました。箱が増えたかんじ。箱の中にはどんな風が、匂いが入っているのだろうか?楽しみです★
by kishinoriko | 2007-02-15 22:15 | *落語*

笑う門には福来る

福が来るのはいいですが、おせちの食べすぎで私の体は“幅(ふく・はば)”が出てしまっています。トホホ。
ところで、楽しみにしていたのに、仕事の為急遽友達にチケットをお譲りした今年お初の落語会。

でも、昔昔亭桃太郎師匠の落語会@横浜にぎわい座には、先週行ってまいりました。初めて聞く小咄と噺で、かなり興奮しました。新作も面白かったー♪やっぱ天才!!
師匠が高座から、「これ初めてでしょ。新しいの。」っておっしゃった時、「うんうん」と大きくうなずく私。きっとアレは師匠が私に言ってくれた言葉だわ。目が合ったもの、間違いないわ。一人妄想の世界へ・・・。

今日発売の、ではなく一週前の「週刊文春」のP74の落語のコラム。番組にゲスト出演していただいている金原亭馬治(きんげんていうまじ)さんの名前が紹介されていました。面白い若手落語家という紹介で。これまた興奮・大興奮です。「すごい」というメールを馬治さんに送ろうとしたのですが、余りの興奮に、携帯が上手く打てない。さらに文章もめちゃくちゃ。。
ちなみに私が好きな柳家喬太郎さんや、古今亭菊朗さんのお名前もありました♪



ここいらで、なぜに私が落語にはまったのか、少し考えてみました。

①はなしが単純であるから、何も考えず腹から笑える。②笑うから気持ちがスッキリして爽快感さえ感じられる。だから、好き。大好き!!!

例えば、①は、時そばで言うならば、人の真似をしてみるが失敗する。という様に、笑いのパターンは種類はあれど決まっている。単純明快で(そうでないものも中にはありますが)わかりやすいのです。
②は、大学の研究でも言われていますよね。笑うと健康によい効果がある、と。

って、こんな風に考えてみたけど、大したことはない。こんなこと、みんなはじめっからわかっていることですよね。
でもなぜ好きか、改めて考えてみると、またまた落語が好きになりました。今年も寄席にたくさん足を運ぼうと思います。まずは、国立演芸場1月中席と柳家さん喬師匠落語会(番組ゲスト出演してくださっている柳家喬之進さんも出演予定)に行く予定です。
by kishinoriko | 2007-01-19 02:04 | *落語*

かわいぃーー★

e0049015_18441632.jpg


ラジオ番組にゲスト出演してくださっている、柳家喬之進兄さん(恥ずかしくていつもは呼べない・・・)からお誕生日のプレゼントにいただいた手拭いです。
二色あり、絵柄が可愛いのです。噺に出てくる動物(虫含む)が登場しています!

落語芸術協会のものに、昔昔亭笑海兄さんからいただいた手拭いと、少しずつ数が増えています。嬉しい!!

今、落語通検定の勉強中。よけいにゲストの皆さんの偉大さを実感・・・。
by kishinoriko | 2006-12-19 18:44 | *落語*