Hola! Como esta? from Shitamati

noririnn.exblog.jp

エチオピアのアベベ(男性)と、

エチオピアカレーを食べながら話しました。

留学で日本を訪れて以来10年になる彼は、エチオピアのためにボランティアでNPO活動をしています。

最終目的は、日本企業が母国に進出する橋渡しをしたいそう。

オランダや中国などの企業進出がある中、日本の進出はゼロ。

目の前の大きな問題は、難民が後を絶たないとのこと。1つの国に、88の民族が暮らすため、

内紛による不安定で、国外に出る人が多いのです。

日本で暮らすには、言語(公用語は、スワヒリ語。第2言語が英語。)の問題もあるため、多くの人が生活上

苦悩することも多い。

また、日本にやってきて、来月(日本男性との間にできた子どもを)出産するエチオピア女性は、

出産費用がないそうです。




これらは、この出会いを通して、知ったことばかりです。
「知る」ってことは、大切。


アメリカで多くの人に助けてもらった私は、考えさせられることがありました。



エチオピアカレー。

私がいただいたのは、25種類のスパイスを合わせたもの。豆がメイン、野菜メインなど、各家庭で味は

様々。

でもお正月や結婚式などお祝い時には、チキンを入れたカレーを食べるそうです。

ピリリときいた辛みはあるものの、野菜の甘みが効いてて、私好みの味でした。

付け合わせのサラダ(生の、玉葱・トマト・お豆をお塩で味つけしたもの、のはず。)も、辛さをやわらげ、

爽やかなテイストで美味でございましたー。

ところで、今、サッカーで注目のブブゼラ。南アフリカだけでなく、エチオピア楽器の一つでもあります。

むかーし、戦いをしていたころ、味方への合図のために使われていたそうです。

アベベ含め日本在住のエチオピア人は、日本代表を応援してくれていました!



知らない世界は、日々の生活の中に、ゴロゴロしています。

この機会を与えてくれたのは、区の広報紙でした。
[PR]
by kishinoriko | 2010-06-26 00:38 | *下町生活*